コクワガタの幼虫飼育方法

概要

コクワガタの幼虫の飼育方法(飼い方)を解説します。飼育に必要なものや飼育する上で注意すること,飼育環境,マットの交換等について解説します。また、サナギと羽化後の成虫の扱いについても解説します。

飼育に必要な物

飼育環境

飼育場所は、直射日光が当たらず、30℃を超えない室内がよい。明暗はあまり関係なく、1日中暗い場所でも問題ありません。冬季は幼虫に冬の寒さを感じさせる必要があり、18℃程度以下の場所に置く必要があります。気温が0℃を下回らなければ寒さで死ぬことはまずないと考えてよいため、室内で飼育すれば寒さは問題になりません。暖房を使用せず気温の変化が少ない1階の涼しい場所で飼育するのがよい。

飼育方法

メスの撤去後1~1.5ヶ月程度を目安に割り出しを行い、幼虫を1匹ずつ瓶で飼育します。瓶に湿らせたマットを9分目~ほぼ満タンに詰めます。詰めるときの硬さは、やや固めくらいでいいかと思います。マットはやや強く握って固まる程度に湿らせます。マットを強く握って水が出てくる場合は水分が多すぎである。使用するマットは、クヌギマットなどの広葉樹のマットで幼虫用と書いてあるものを使用します。大きな成虫を羽化させるには発酵マットと呼ばれる高栄養のマットが必要になります。また、マットは粗すぎないものがよい。幼虫が小さいときは篩で細かいマットを分離し、細かいマットを詰めるほうがいいようです。または、最初から細かいマットを使うようにします。

マットを詰め終われば、中に幼虫を入れます。幼虫を入れるときは、マットに穴をあけ、その中に幼虫を入れて、上からマットをかけます。その後、フタをします。フタを閉めてしまうと、空気の通りがなくなってしまい、酸欠や熱がこもって幼虫が死亡する場合があります。そのため、フタは乗せるだけにするか、フタを閉める場合はフタに穴をあけて空気の通り道を確保する必要があります。フタを乗せた状態であれば、マットはほとんど乾燥しないため、霧吹きで湿らせるといった作業は不要である。なお、ビンやボトルのフタを乗せているだけであれば脱走に注意が必要です。特に気温が上昇する春から初夏にかけて幼虫が暴れた際にフタを押しのけて脱走する可能性があります。そのため、フタの上に重さ250g程度の物体を乗せておくとよい。

幼虫がマットの上に出てきている場合は、酸欠やマットが発酵して熱を出している,マットを食べつくした,マットが劣化している,マットが乾燥しすぎている、といったことが原因として考えられます。

マット交換は、糞が目立ってきたら交換します。慣れるまでは少しわかりにくいかもしれませんが、マットを食べた部分は食べていない部分に比べてマットが細かくなっており、大部分がこのようになった場合にマットを交換します。目安としては2~3ヶ月に1回交換すればいいかと思います。マットを交換する場合は、瓶をたたいてマットを出すと、その衝撃で幼虫が死亡する場合があります。そのため、幼虫に注意しながらマットを瓶から掻き出すようにして取り出すようにします。マットの交換が終われば、マットに穴あけ、その中に幼虫を入れると自分で潜っていきます。

マットにダニなどが発生している場合は、ビンを洗った上でマットを全て交換するほうがいいかと思います。また、マットが劣化してきた場合も交換が必要である。一般的にはマットが劣化するとドロドロになります。そのような場合はマットを交換します。

サナギ

十分に成長した幼虫は、常温飼育の場合は、6月~7月頃に卵型の蛹室を作り、その中でサナギになります。また、9~10月にサナギになる個体もいるようです。一般的に、瓶の真ん中より下側で、瓶の壁に沿って蛹室を作ることが多いです。そのため、観察が非常にしやすいのが特徴です。ただ、瓶に沿って作らない場合もあり、この場合は観察がしにくくて困ります。蛹室を作り始めた場合は、マットの交換は行わないようにします。蛹室を作り終えると、幼虫は徐々にシワシワになってくるが、死んでいるわけではないのでご注意ください。 この状態の幼虫は前蛹といい、やがてサナギになります。サナギになるとオスにはすでに大顎があり、オスとメスの判別が容易に出来ます。

サナギは衝撃に弱いため、強い衝撃を与えないようにしてください。サナギは、お尻を動かして運動を行います。この運動を行うことで、羽化不全にならないようにしているとされています。羽化が近づくと、脚や頭などの体が赤っぽくなります。

羽化

気温によって異なるが、サナギになってから3週間ほどで羽化します。羽化直後は赤っぽい色をしているが、時間とともに黒くなっていきます。蛹室の中で、ひっくり返ったりしている場合があるが、体を乾燥させているためであり、死んでいるわけではないのでご注意ください。羽化直後は、衝撃などに弱いため、強い衝撃を与えないようにしてください。

羽化後、1ヶ月ほどすると体も十分乾燥し、体色も黒くなります。羽化後1ヶ月たてば、取り出しても問題ありません。蛹室を脱出して活動を開始したら、その時点で取り出して問題ありません。取り出し後、すぐにはエサを食べない場合がほとんどで、コクワガタの場合、活動開始後1ヶ月程度は全くエサを食べない場合もあります。この間は幼虫期間に蓄えた栄養分があるため餓死するといったことはありません。ただし、いつエサを食べ始めても問題ないように、エサは常に入れておいた方がいいでしょう。

コクワガタのの場合、7~8月の初夏に羽化するパターンが主流で、一部は9~10月の秋に羽化する個体もいるようです。初夏に羽化した成虫に関しては、羽化後1ヶ月くらい経過すれば取り出しても問題ありません。秋に羽化した場合は、羽化後1ヶ月経過してもそのままにしておいても問題はありません。ただし、マットが劣化してきた場合は取り出して成虫を飼育するケースに移動させます。特に問題がない場合は、越冬後の翌年5~6月または蛹室を脱出して活動を開始した時点で取り出すのがよいでしょう。

関連項目